So-net無料ブログ作成

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック
車買取相場表 ブログトップ

車買取相場表を見ることができたとしても [車買取相場表]

私が某ディーラーにいたころは、下取りの基準として査定基準表というのがあって、それを基に中古車販売部門の専任の査定士が査定をし、その車の下取り額というのを決めていました。

ようするに、それまでに販売された国産自動車全車種の基準の価格が出ていて、たとえば平成25年式の前期(4~9月)に登録したプリウスだと基準の価格はいくらで、そこから使用感などからプラスマイナスをして、最終的にいくらになると査定価格が決まるのです。

査定基準表にも自動車業界が作成したものもあれば、それを基準に独自でディーラーが作ったものもあり、私がいたところは独自で作った査定基準表を使用していたようですね。

そしてもう一つ査定士が持っていたのが中古車の標準販売価格表で、表紙が青色をしていたので通称青ブックと呼んでいたと記憶してます。

これがいわゆる市場に出回っている中古車の相場価格を記載されているもので、新車を売りたいがためにあまりにも高額な下取りをしてしまうと、青ブックの価格よりも高くなってしまい、結局赤字で販売するという羽目になってしまうわけです。

だから中古車部門の査定士は、新車部門との兼ね合いで結構苦労していたようでしたねw

この青ブックが、車買取会社でいう車買取相場表にあたるんでしょうね。

car13.jpg

クルマを売りたいと思った時は、この車買取相場表が見てみたいと思うのは当然ですけど、仮にこの車買取相場表を見ることができたとしても相手も商売です。あなたが思ったような買取価格は出してくれませんよw

結局は相場の価格の中で、車買取業者がどれくらいの利益を見込んでいるのかということです。

もっとかみ砕いて言うと、あなたの売ろうとする車種の売り先が既に決まっている車買取業者だと、無理をしても買い取ろうとす。一方、在庫として寝かせなければいけないと思う業者だと無理ができないということ。

だから、クルマを売るときは有名だからというのではなく、できるだけ複数の車買取業者に依頼するのがクルマを高く売るコツなんですね(*^▽^*)


一括査定サイトで大変な思いをした方に!1回の査定で最大1,000社があなたの車に金額提示!




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

車買取相場表 [車買取相場表]

車の車検時期が近付いてくると毎回悩んでしまうのが、車検を受けて今の車に続けて乗るのか、それとも車検を受けずに新車に乗り替えるかなんですよね。

そんなときに知りたいのが、今乗ってる自分の車の価値がはたしてどれくらいなのかということ。車検を受けるにせよ買い替えるにせよ、自分の車の価値は知りたいものですからね。

できるなら、車買取業者が持っている車買取相場表が見られたらいちばんいいんですけどね。だってその車買取相場表の金額によっては、新車に買い替えるという決断もしやすくなるかもしれませんし、難色を示す奥さんを説得する口実にもなるかもしれないでしょう(笑)

car2.jpg

ところで、車を買い替えるときって二つの選択肢がありますよね?一つは新車を買おうとする販売店で下取りしてもらう。そしてもう一つは車買取の業者に買い取ってもらうというものです。

数年前と比べると、ユーザーも下取りに出すより、車買取業者に買い取ってもらった方が高い数字が出る、ということがかなり認知されてきたようです。

新車販売ディーラーが下取りを取るのは、新車を売るがための手段です。もちろん下取りした車は、系列の中古車販売店で販売するのですが、やはりその規模が違いますから当然ギリギリの買値での取引は難しいようです。

一方、車買取業者というのは、そのほとんどが大規模な中古車販売のネットワークを持っていて、独自の車買取相場表を元に中古車を仕入れては売る、という形態をとっています。場合によっては店舗に現物がない人気車種などは、予約という形で既にユーザーから注文を受けているということもあるほどです。

中古車の相場というものは日々変化していますので、業者独自の車買取相場表もほとんど週替わりで変更されるようですね。

ですから、提示された金額に不満があって返事を先延ばしにしていたものの、やっぱり買い取ってもらおうと決断したときには、その価格では買い取ってもらえなかった、ということはざらです。あまり欲の皮を突っ張らせるのも考え物ですね(笑)


タグ: 買取 相場表
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
車買取相場表 ブログトップ